アップルでは、緊急避妊ピルは簡単な問診のみでお渡ししています。レボノル錠で、6600円(消費税込)です。

低用量ピル:マーベロン・トリキュラーは、2350円(税込)

ジェネリックのファボワール・ラベルフィーユは、2250円(税込)

緊急避妊ピルは性交渉から72時間以内に1錠服用で終了です。食事の影響も副作用もほとんどありません。本剤の成分は乳汁中に移行するので、服用後24時間は授乳は避けてください。抗けいれん剤やセント・ジョーンズ・ワートは緊急避妊ピルの効果が減弱します。

よく聞かれることは飲んだ後の月経についてです。
■緊急避妊ピル服用によって、体内のホルモン濃度が急激に上昇し、次いで急激に低下します。
この急激な低下により、早ければ3日4日後にいつもの月経よりも少量の形で消退出血があります。少量でも3日以上続けば月経と考えてほとんど大丈夫です。遅くとも3週間後までには月経の様な出血)が起きます。
これで緊急避妊は成功ということになります。
逆に言うと、3週間たっても月経が来なければ妊娠の可能性大ということです。
もしくは月経予定日を7日以上過ぎても月経が来ない場合はクリニック受診して下さい。
■出血が見られるまでの期間は、平均10日です。
また、緊急避妊から出血までの期間が短いと、出血量がごく少量の場合もあります。
■緊急避妊ピルによって来た月経後、次のサイクルでの排卵はいつになるか予測がつきません。その後の月経が不順になることもあります。